日々の慈しみ

アニメや現代美術など

y5

わたしはなぜか走るのがとても得意になっていた。つい嬉しくなって、スポーツジムのようなビルを思い切り走ってみた。私の母の声がしてこの位足が速くなってたら捕まらないかな?と思って試しに逃げてみた。
その時外周をする部活生徒?のような群れに遭遇してしまった、わたしは反対方向に走らなきゃならなかったからみんなから顰め面や嫌味を言われて、挙げ句の果てには1人の女生徒(みんな女の子だった)にぶつかられた。わたしはとても腹が立ったので、そこらへんにあったおおきな白い袋でもう一周した後の彼女を殴りつけた。「ぶつかってくんな、ばか」とかなんとか言ったと思う。そこからわたしはずっと逃げていた。ビルの階段に飛び出した。わたしは部活生徒と両親から逃げていた。結局追い詰められそうな窮地に立たされ、わたしは窓ガラスを割って外に出たんだった。女生徒の「あいつ、ここが何階か知らないんじゃねえの笑」みたいな声が聞こえた。内臓の浮く瞬間がやけに長かった。そこは4階くらいで、わたしは体を上手にしならせながら下の階の窓めがけて飛び込んだ。夢みたいだな、と思った。

結局そこからはあまり覚えていないけど、大泉行きのバスに乗ろうといろんな道を逃げていた。酔っ払った外国人に絡まれて連れて行かれそうになったり(「セックスしてえ」みたいなこと言って下品に笑ってた)、大きな箱とキャンバス、あれは画家だったのかもーーを持っている男の人に頼んで箱の中に隠れようとしたりした。でも彼はヤク中みたいな動きをしていたし結局箱に入る直前にわたしは逃げた。彼はとろんとした目で箱を閉めてから何階かナイフを突き刺していた。その時も彼の主観でわたしの夢が映されていた。

どこかのキッチンで料理を運びながら逃げる機会を伺っていた。その料理は本当に気持ち悪かった。大きくてヌラヌラしたような緑色の魚みたいな。男の人に捕まえられそうになる。しまった!と思った瞬間右足のふくらはぎに劇痛が走って目が覚めた。また足を攣ったんだなと思った。怖い夢だった。

y4

なんとか浴槽から逃げたけど、結局私たちは捕まった。相手の顔を見て、妹はこの人に殺されるとわかった。なんとか銃とかいうので、それがどのくらい痛いのかはわからなかったけど、他の人間に殺されるよりマシそうだった。これ以上逃げる力も残っていなかったし、もう仕方なかった。私は泣きながら「わたしじゃだめですか」と聞いたけど、殺し屋は何も言わなかった。私は妹を抱きしめたままでいいか聞いた。彼は微かに頷いたので妹を抱きしめたままで、妹は撃たれた。皮が弾けて中身が外に出ようとする衝撃波が私にも伝わった。一瞬だった。私の妹は私の腕の中で死んだ。

y3

白い犬がわたしの前にいた。犬は振り返ってわたしを見ていたから手を振ったりした。犬はこちらに来て寝っ転がったから、好奇心というか無邪気というかサディスティックな気持ちか、わからない何も考えていなかったのかもしれないけどスプーンを突き立てて(スプーンの側面を犬の体に当てて)、尻尾から三等分した。呆気なくふわっと切れてしまって最初は何をしたかよくわからなかったけど、犬が動いた時、頭から順番にタイムラグが起きて結局真ん中と尻尾は倒れてしまって、あれっと思った。血は出ていなかったけど内臓みたいのは確かに落ちそうだった、なんか食べるのが下手なケーキみたいな状態になっちゃってどうしようと思ったから、両手で三等分した部分を正しい順番に並べて左右からぎゅっと押してくっつけようとしたんだけど犬が暴れるから諦めた。でも犬、死んでなかったし動きたがってたから、やっぱり体はくっついてるほうが良かろうと思って、今度は片手で二つの部分の境目をぺたぺたする感じてくっつけた。それはそこまで嫌がらなかったので、淡々と作業を続けた。結局くっつける前とそんなに変わらなかったけど、三つの部分が一緒に動けるぐらいには連結した。

わたしは立ち上がって、家の玄関を開けたら犬がついてきてしまったので帰ってほしいと思った(お母さんが猫アレルギーだから困ると思ったけど、猫アレルギーなら問題なかった。夢の中では困ると思った)スプーンで切ってしまった手前邪険にできなかったので、お母さんが帰ってくる前までは犬の自由にしようと思った。だから、わたしが布団に入って犬が付いていてもそのままにした。段々犬の体は切った跡も、切ったことも?なくなってただの犬になった。

y2

夢を見た。

小さい頃夢でよく行った遊園地。ハルさんとタオちゃんといた。真ん中に大きな門がある。わたしは乗り物全てを怖がってどれも乗らなかったんだった。観覧車の向こうから山が見えた。

どこかでトトロの話があったのに思い出せない。

橋本環奈は実際にはそこまで可愛くないと思いながら彼女と話した。なんでも少しやれば大抵できるようになって次から次へしてしまううちはなんにもできるようにならない。夢の中でわたしが投影されてた。けれど彼女は本当に悩んでいて部屋にいたもう一人の男の人が彼女たちを逃がすために油を撒いて火をつけようとした。それは結局マンション(私たちがいるのはマンションの一部屋)の不審火にすぎないように演出されたけどその方が失敗だった。彼女たちを火を投げた場所から降りろって半ば強引に落とした後、わたしと男の人は焼身自殺をもう一度するつもりだった。部屋に戻ってひとしきりわたしが泣いてその人と抱き合った。それから少しだけセックスした。男の人が嫌な笑い方をした。そのあと男の人が裏切ったのかな、よく覚えていないけど何かがだめになって警察が待ち構えてるマンションの下まで窓から降りていった。思い出した、橋本環奈ともう一人の彼女たちを守るため?それかただ不必要だったのかわからない、けれど何人もの女の子を死なせた。その子達も降りた場所で真っ黒のパネルになって、いた。パネルにイラストを裏表貼り合わせたみたいな薄さで、輪郭は白で切り残しみたいだった、あとは真っ黒。さっき裏切った彼は発泡スチロールの中にたくさん頭蓋骨を埋めて逃げ出してきたから、そこに集まったおばあちゃんたちに堀起こされていた。しかもその頭蓋骨は少し肉のような…脂肪がついていた。異様な光景なのに頭蓋骨をおばあちゃんたちはおしゃべりしながら掘り起こすだけ。それでも彼の計画は失敗したらしくて無気力に立っていた。わたしは多分殺した?死なせた女の子たちの罪から逃れる?それか理解してもらうためにおばあちゃんたちにわたしが誰なのかわかってもらう必要があった。ひとりのおばあちゃんたちが歩み寄ってきてわたしの頬をさわる。そのおばあちゃんは盲のようだった。おばあちゃんは遠慮なく私の顔を触っている。そうすると、わたしの頭におばあちゃんがどんなイメージを見ているか同じものが共有されるみたいだった。海辺で遊ぶ小さな女の子、4、5歳だろうか。私はおばあちゃんに「お願い、思いだして…」という。女の子が、砂のお城?か玩具で遊ぶ手を止めてこちらを振り返る。それは紛れもなく私だった。おばあちゃんは海辺の女の子を見ながら「思い出した…おまえはタオちゃん!」と叫んだ。

y1

犬に懐かれて、というのも人間的に、その犬に助けてもらったのに私はその犬をアトリエに置き去りにしていたし、2回目に会った時にはその犬(今になると犬かどうかも怪しくなってきた。猫ではなかったように思う)が私の目の前で溶けてしまった。消えるように溶けてしまったから糸屑みたいになった彼の毛がわたしの膝に落ちて、わたしはそれを無理矢理払った。全然落ちなくて焦っていた。周りの人がその行為を見ていて私は笑おうとしてた。犬を知らない振りしようとしたんだった。

あとはもう誰に追いかけられていて、ずっと泣きながら走っていた。ビニール傘をみんな持っていて、だから雨だったんだと思う。場所は池袋の西口と新宿の新青梅街道の混じったような、そんな所を走ってる場面もあった。デパートの中も逃げていた。高そうなネックレスが売られているようなお店が並ぶような、デパート。それは新宿ルミネに近いかもしれない。今急に思ったけれど、新宿ルミネの何階の景色を思い出してそう思ったのかわからない。もう思い出せないから。

Yuck - Get AwayのMVは何が描かれているのか

前回りさちさんの漫画の感想を書きたいと言いつつ、手元にないから記憶も曖昧になってしまったので、誰か漫画を貸してくださるか、りさちさんに増刷してもらおうと思います。

 

今回書こうと思ったのは、2011年3月に公開されたYuckのGet AwayのMVは一体何が描かれているのかということについて少し思う点があったからです。

www.youtube.com

 

当時この映像を、ロバート・スミスばりの、あるいはシャフトばりの角度で見つめてくるダニエル・ブランバーグの顔と、裸の女に液体をかける以外の印象がほとんどないままめちゃめちゃ再生していた。大好きな曲なので。要するに何が何だか全くわからん映像だった。

 

2017年にもなり、このMVについてようやく何が映っているか考え出す人間も間抜けな気がするけど、先ほど突然このMVを思い出して見返したら少しわかった気がするので忘れないうちに書こうと思い立った。メモ程度のものだと思ってもらえれば結構。

 

あらすじというものもないのだが、Yuckのライブを見る赤髪の女(まさか、ナンバガじゃないでしょうね)が、後日NOWHEREと描かれたボードを裸で持っているところを、メンバーが乗った車が通りかかり彼女を乗せるというものなのだが、赤髪の彼女を載せるまでにも別の女の子が2人映される。

一人は長い黒髪の女の子で、二人目は金髪のかつらをかぶった女の子。共通するのはヒッチハイクをしていてボードを持っていることなのだが、一人目はSOMEWHERE、二人目はANYWHERE、赤髪の彼女は、おそらくNOWHEREと書かれていたはずだ。

f:id:not_nietzsche:20170604114032p:plain

f:id:not_nietzsche:20170604114253p:plain

f:id:not_nietzsche:20170604114439p:plain

f:id:not_nietzsche:20170604114545p:plain

最終的に車に乗ることができた赤髪の彼女が何において特別だったのかというと、Yuckのライブにきていたから?裸だったから?ドイ・マリコの持つひまわりと同じ、イエローのネイルをしていたから?ボードにNOWHEREと書かれていたから?

多分、彼女が何も持っていないからだろう。自分の体を隠す服も、なによりここから行く場所さえ持っていなくて、これから失うものもない彼女には何もない。それが他の女の子たちとの決定的な違いだと思う。

 

しばし車に乗っていると、突然彼女は一人降ろされ、花で目隠しとYUCKと書かれた首輪、手首を縛られて油を注がれる。他にも花で体を触られたり、というのは完全に暗喩だろう。花は性器のメタファーなので。そしてこれは単なる想像だが、油をかけられるところから最終的に火をつけられて燃やされる運命を描いていると思う。一番希望のない彼女が、一瞬希望のようなものを掴んだ途端ずたずたにされて道端に捨てられるわけだ。皮肉なことに油をかけられる彼女の体は一番美しく見えるものだが。

ちなみに、初めて見た時はペットボトルの油が、最初の方に映る車内で飲料を飲んでいるメンバーのペットボトルと同じかどうかが判断できず、結局本当に油なのかどうかがわからなかったのだが、赤髪の彼女が油をかけられるシーンには、ちゃんと新しい満タンのペットボトルから油がかけられる描写がしてあったので、メンバーが飲んでいたものとは別だとはっきりわかった。

 

最後、彼女は裸のままGETAWAYと書かれたボードを持ち道端に立っているのだが、陵辱された後にGETAWAYとなるのは容易に想像がつく。しかし私は、なぜ彼女は生きているのだろうと不思議に思うのだった。あんな目にあって、油もかけられたら燃やされて殺されるのが普通くらいのものだろうと思う。私も鬼頭莫宏と同じでセロトニンが足りてないだけなのかもしれないが。

そこで考えるのが、彼女はもともとNOWHEREとボードを持つくらいだから、現実に居場所がないように感じていて、そもそもここから逃げ出したいという意味でヒッチハイクをしていたんじゃないかと思う。でも、そこから連れ出してくれた先は、ここより悪い場所(=メンバーが車で連れて行った先、その行為)で、彼女はその先でもさらに逃げ出したいと感じる。そしてGETAWAYとボードを掲げるわけだけど、それを繰り返すうちに、結局死しか彼女をどこかへ連れ出して行ってくれるものはないんじゃないかということに行き着くんじゃないかと思う。