読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の慈しみ

アニメや現代美術など

カードキャプターさくら第63話に見るアニメ的表現

前回に引き続き、カードキャプターさくらについての記事。今回取り上げるのは第63話『さくらとプールと大きな波』です。

以下あらすじ。

番組画像

第63話 「さくらとプールと大きな波」

室内プールにやってきたさくらたち。ひと泳ぎした後、プールサイドのパーラーで、おいしいと評判のクリームソーダを注文した。話に夢中になっていたさくらが、ふとグラスを見ると中身はからっぽ。こっそりついてきたケロが飲んでしまったのだ。ものかげに隠れていたケロをロッカールームに連れて行こうとしたとき、びっくりするほど大きな波がプールに起こり、利佳が取り残されてしまった。

www6.nhk.or.jp

 

第63話はプールが舞台ということで、さくらたちの貴重な水着姿を見ることができる。

f:id:not_nietzsche:20161214125050p:plain

f:id:not_nietzsche:20161214125140p:plain

ここで気になるのが手足の描写。特に画像二枚目、さくらの手足の曲線が強調されて描かれており、今までの作画よりもやや写実的になっている。カードキャプターさくらに限らずCLAMP作品では、そもそも手足の直線的な描写が特徴的な作風のひとつなので、今回のように曲線が強調されて描かれることはほとんどない。

f:id:not_nietzsche:20161214142945j:plain

第1話、スタッフの気合が感じられる書庫の作画の時でもこの大根足。

f:id:not_nietzsche:20161214142951j:plain

第49話、さくらカード編に突入し小学5年生の2学期になってもこの足。成長とか云々ではない。

そこで第63話の絵コンテを見てみると、このカードキャプターさくらシリーズを通して、この回のみ松尾衡が担当していることがわかる。この松尾衡という人物がこの作画に一枚噛んでるのではないかと思い調べてみたところ、ローゼンメイデンの監督をしていたことがわかる。ローゼンメイデンといえば、初期アニメ版と新アニメ版でめちゃめちゃ作画が変化し、おまえ!!ふざけるなよ!と私が怒りに震えた話はあまりにも有名。

youtu.be

youtu.be

松尾衡はあくまでも初期アニメ版のみに携わっていたようなので、特に言いたいことはなし。

ローゼンメイデンは初期アニメ版が好きですが、個人的には、鬼頭莫宏の描く華奢で写実的表現とアニメ的(漫画的)表現のギリギリをいく女の子のからだが一番好き。それについてはこの記事が面白いです。

ameblo.jp

 

また、第63話の水の表現はかなり面白い。

f:id:not_nietzsche:20161214150954p:plain

f:id:not_nietzsche:20161214151006p:plain

こんな感じで水面の反射の映りこみや水面下の描写は一切なし、かなり潔い。これはデッサンの話だが、水を水として描くためには、映りこみや水面下の描写を根気強くやっていくことが必要で、でもそれさえ書いてしまえば水らしく見えるので、こっちとしては映りこみがあるやったー!ぐらいのもので描いていて、逆に映りこみがないとどうやって水に見せるかが非常に難しい。だから、映りこみを描かないというのはまさにアニメならではの表現。なぜ、その表現が成立するのかというと、アニメには実際には存在しない輪郭線があるからで、水との接触面では輪郭線がなくなっているのがわかる。映りこみは描写しないが、水との接触面は色面だけで描くことで、これが水として表現できているわけである。これらのアニメ的表現は、カードキャプターさくらではどのように水を捉えているかがわかる重要な描写。

f:id:not_nietzsche:20161214153745p:plain

ガラスと水の描きわけなど。

 

またこの知世ちゃんがさくらの水着姿を思う存分撮影している場面。

f:id:not_nietzsche:20161214151006p:plain

f:id:not_nietzsche:20161214154006p:plain

放送当時はまだ、盗撮とか騒がれなかったんでしょうか?時代を感じる。

 

さらに、第63回では津波の表現がある。

f:id:not_nietzsche:20161214155011j:plain

f:id:not_nietzsche:20161214155025j:plain

f:id:not_nietzsche:20161214155026j:plain

今ではこんな表現は避けると思うので、3.11以前のアニメという感じがひしひしとします。この場面が3.11以降からの視点で語られる必要もないと思うが。